✔ かかりつけの歯科

歯の治療にはさまざまな方法があります

世の中にはさまざまな病院がありますが、歯の専門である歯科にはほとんどの人が一度はお世話になるところです。なぜなら歯が虫歯になってしまった場合、治療しなければひどくはなっても治ることがないからです。虫歯はある程度進んでしまうと、歯そのものを失うことになります。そうならないためにも、歯科で治療することが大切なのです。歯科の治療は保険適用か自由診療かによって、金額が大きく変わります。保険を使うことができる治療であれば、支払いは金額の一割から三割で済みます。自由診療になれば保険は使えないので、全額実費となります。自分の歯科治療が保険適用か自由診療かを歯科医師から説明を受けてから、治療を進めていくと良いです。インプラント治療やホワイトニング治療を薦めてくることもありますが、自分に必要な治療だけを受けるよう意識しておきましょう。

かかりつけの歯科を持つようにしよう

歯に虫歯などができると、自覚症状が出る頃にはかなり進行している場合が多いです。早期に虫歯などを見つけるためには、歯科で定期検診を受けることが大切です。定期検診は人によりますが、三ヶ月から半年に一回ぐらいが望ましいです。歯は年齢と共に衰えやすく、虫歯だけでなく歯槽膿漏や歯肉炎などにもかかりやすいです。定期検診では歯や歯ぐきのチェックだけでなく、口の中全体を掃除してくれます。それだけでなく最近では子供の歯を強くするのに有効とされていたフッ素が、大人にも有効であることから定期検診の際にはフッ素を塗っている歯科もあります。また歯並びなどを気にして歯科矯正をする人が増えて、専門の矯正歯科も増えています。このように歯科に度々お世話になることを考えて、かかりつけを見つけておくと良いです。

✔ 治療費の内訳

インプラント治療は、1本あたり30万円前後ほどの治療費が必要になります。治療費には検査費用と手術費用のほかにも、人工歯の費用やメンテナンス費用などが含まれます。

» 詳細はこちら

✔ 技術面に優れている

歯が痛かったりかけたりしたら歯科に行き治療してもらうのが必要になります。 通いやすい歯科を選んでいる人がとても多いのですが、もう一つ注目して選ぶべきポイントがあります。それは技術面です。

» 詳細はこちら

歯のケア

子供の患者を専門に受け付ける歯科医院が増えています。小さいころからの歯磨き指導や歯科矯正などのケアをします。子供の頃から通院を続けると途中で歯科医院を変えることはまずないものです。

» 詳細はこちら

歯の健康を維持する

歯を抜けたままにしておくと、抜けた歯の隣の歯が傾いてきたりして、歯並びは悪化していまいます。歯並びの悪化による噛み合わせの不調は体全体にも悪影響を及ぼし、しばしば頭痛や肩こりなどの症状を引き起こします。

» 詳細はこちら